プラセンタのアトピーに対する効果や影響を解説

プラセンタのアトピーに対する効果や影響を解説

プラセンタは、アトピーの完治に向けた治療に役立ちます。アトピーで肌に色素沈着が起こっている場合にも、効果が期待できるでしょう。しかし、プラセンタによってアトピーが悪化した例もあるので、安易に「プラセンタで完治する」と考えてはいけません。

このページでは、プラセンタのアトピーに対する効果を解説。それに対し、プラセンタでアトピーが悪化してしまった例も紹介します。アトピー治療にプラセンタを用いる方法も見ていきましょう。

プラセンタのアトピーへの効果

プラセンタには免疫調節や抗炎症の作用があるので、アトピー治療の効果が期待されています。また、プラセンタはアトピー性皮膚炎による色素沈着にも効果があると考えられます。ここでは、アトピーの代表的な症状である「アトピー性皮膚炎」について解説します。

アトピーのメカニズムとプラセンタの効果

アトピー性皮膚炎は、免疫機能が過剰に働くことで起こります。プラセンタは、抗アレルギー作用や抗炎症作用を持つので、アトピーの症状を抑えられます。

アトピー性皮膚炎の原因

アトピー性皮膚炎は、アレルギー体質であったり、皮膚のバリア機能が弱かったりすると発症します。ダニやカビといったアレルゲンが体内に侵入することで、皮膚に炎症が起こるのです。アレルゲンが体内に入ると、体に備わっている「抗原抗体反応」という免疫システムが反応します。体を守るため、抗体を作り出して異物を追い出そうとするのです。

しかし、アトピーの場合は、この働きが過剰になり、正常な細胞までも攻撃してしまいます。この結果として起こる症状が、皮膚炎や喘息などです。

アトピーに対するプラセンタの効果

プラセンタは、アトピー性皮膚炎の治療に有用です。

プラセンタは抗アレルギー作用を持ちます。免疫システムを調整し、過剰な反応を抑えるのです。また、プラセンタには抗炎症作用もあるので、皮膚の炎症を抑えられます。そのため、アトピー性皮膚炎の症状に効果を発揮するのです。

アトピー性皮膚炎の色素沈着への効果

アトピー性皮膚炎では、肌に色素沈着が起こることもあります。プラセンタに含まれる成長因子は、アトピーによって起こった色素沈着に効果があります。

アトピーで色素沈着するメカニズム

アトピー性皮膚炎で色素沈着が起こる理由は、皮膚に炎症が起こるからです。

皮膚に炎症が起こると、メラニン色素が作られ、これが溜まっていくと肌の色が茶色っぽくなります。これは、日焼けなどで肌が茶色くなるのと同じメカニズムです。メラニン色素は肌を守るために作られるので、正常に排出されれば問題ありません。

プラセンタがメラニン色素を排出

プラセンタはターンオーバーを促進し、肌の生まれ変わりを助けます。

プラセンタには、線維芽細胞を増やす成長因子が含まれています。線維芽細胞は皮膚の真皮層にあり、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を作り出している細胞です。線維芽細胞がコラーゲンなどを作ってくれることで、みずみずしく美しい肌が生まれます。プラセンタは線維芽細胞を増やし、溜まった色素を排出して美白に導いてくれるのです。

プラセンタでアトピーが悪化した例

プラセンタを使用してアトピーが悪化した例が、わずかながら存在します。プラセンタの副作用でアトピーが悪化した例について、「国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所」の資料を見てみましょう。

小児ぜんそくとアトピー性皮膚炎の既往歴がある22歳男性(日本)が、プラセンタエキスを含む製品を摂取したところ(詳細不明)、掻痒性皮疹が出現。プラセンタエキスのスクラッチパッチテストおよび内服誘発試験が陽性であったため、プラセンタエキスを含む健康食品により増悪した成人型アトピー性皮膚炎と診断されたとの報告がある

出典:「健康食品」の安全性・有効性情報〔国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所〕

プラセンタは刺激の少ない成分なので、健康な体であれば副作用はあまり起こりません。しかし、もともとアトピーに悩んでいる人は悪化する危険性もあるので、医師と相談しながら慎重に摂取する必要があるでしょう。

プラセンタによるアトピーの治療法

プラセンタを用いたアトピー治療は、皮膚科で行われています。病院で受けられるプラセンタ治療は、主にヒトプラセンタエキスの注射です。自分でプラセンタをアトピーの治療に取り入れる場合、サプリやドリンクといった選択肢があります。

病院でプラセンタ注射を受ける

病院でプラセンタ注射を受ける際は、ヒト由来のプラセンタが用いられます。

ヒトプラセンタは医療用の成分で、アレルギー反応以外の副作用が報告されておらず、安全性が高いと言えます。また、注射でプラセンタを摂取すれば、体内の組織に成分を直接取り込めます。そのため、サプリメントに比べ即効性が期待できるのです。

プラセンタを用いたアトピー治療は自由診療であり、保険は適用されません。費用は1アンプル1,000円から2,000円が相場です。多くは、1回の注射で1アンプルから2アンプルを注入してもらいます。

注射を受ける回数は、アトピーの症状の重さによってさまざまです。プラセンタの効果を実感するためには、2回から3回以上の治療を受ける必要があります

自分でプラセンタサプリを飲む

アトピーの治療にプラセンタを取り入れるなら、プラセンタサプリやドリンクを飲むという選択肢もあります。

プラセンタの原料は、ヒト以外にも豚や馬由来のものがあります。サプリメントに用いられているのは、豚や馬のプラセンタです。サプリメントの場合、消化・吸収されてから効果が発揮されます。そのため、注射薬よりも効果や即効性が劣ると考えられるのです。

また、サプリメントなどは、商品によって配合されている成分も異なります。医薬品ほど厳密に管理されていないので、不純物が含まれている可能性もあります。アトピーで敏感な体質の人なら、やはり病院で医師と相談しながら治療を受けるのがおすすめです。

まとめ

プラセンタは、アトピーの改善に効果を発揮します。美白効果もあるので、アトピーによる色素沈着の解消も望めるでしょう。しかし、一方ではプラセンタによってアトピーが悪化した人もいるので、必ずしもプラスの作用だけではありません。

プラセンタをアトピーの治療に取り入れるなら、病院で注射を受けましょう。また、市販でサプリメントやドリンクも購入できます。しかし、副作用の危険性があるため、病院で医師と相談しながら治療を受けるのがベストです。