プラセンタの美白効果を解説!

プラセンタの美白効果を解説!

プラセンタには、美白の効果があるとされています。肌の水分量を保って透明感を引き出したり、色素沈着を減らしたりしてくれます。プラセンタが持つさまざまな作用が、美白に有効だと示されているのです。

このページでは、プラセンタによる美白の効果が示された研究の結果に触れていきます。また、プラセンタが美白を促すメカニズムを解説。さらに、美白力が高いとされているプラセンタ製品について説明します。

プラセンタの美白効果を示す研究

プラセンタの研究では、皮膚の水分量を保つ効果があると示されています。加えて、すでにある色素沈着の数を減らしたり、面積を小さくしたりといった効果も見られたのです。これらの結果から、プラセンタは美白の効果が高い成分だとされています。

皮膚水分量が保たれる

プラセンタは、皮膚の水分量の減少を抑え、透明感のある肌を保つよう働きかけます。

まず、日本ハム中央研究所がおこなった、プラセンタと紫外線による老化についての研究を見てみましょう。

マウスにプラセンタエキスを5%含有した試験食を自由摂取させ、週2回の頻度で1分間の紫外線照射を行い、皮膚水分量および表皮厚を測定しました。その結果、対照群に比べて試験群では皮膚水分量の減少や表皮の肥厚が抑制されました。

出典:日本ハム中央研究所 :プラセンタエキス

この研究では、プラセンタを摂取することで、皮膚の水分量の減少が抑えられることがわかりました。これは、紫外線によるダメージから皮膚が守られた証拠です。

皮膚の水分量は肌の透明感と関係しており、透明度の高い肌ほど、角層の水分量が多いことがわかっています。つまり、プラセンタを摂取して紫外線によるダメージを防ぎ、肌の水分量を保てば、透明度の高い肌を守れるのです。

色素沈着が減る

プラセンタを摂取することで、色素沈着の数や面積の減少が見込めます。

一丸ファルコス株式会社による研究の結果を見てみましょう。この研究では、健康な20代から50代の女性10名が、プラセンタエキスを5週間にわたって摂取しました。その結果、以下4点の変化が見られたと報告されています。

1.色素沈着数と色素沈着面積で有意な減少。
2.油分量の有意な増加。
3.角層水分量に増加傾向。
4.顔の明度および毛穴の改善傾向。

出典:プラセンタ経口摂取による肌状態改善効果|一丸ファルコス株式会社

引用文から、保湿の効果はもちろんのこと、色素沈着にまで作用することがわかります。プラセンタを摂取することで、色素沈着の数・面積ともに減っていくのです。さらに、毛穴が改善し、肌の色が明るくなることも示されています。

このように、美白を目指す女性にとって、プラセンタはとても役立つ成分です。

プラセンタが美白を促すメカニズム

プラセンタはメラニンの生成を防ぐとともに、メラニンの黒化も阻止します。さらに、肌の新陳代謝であるターンオーバーを促進し、肌の生まれ変わりを助けます。これらの作用により、シミやくすみが発生しにくい肌の環境に整え、美白をサポートしてくれるのです。

メラニンの生成を防ぐ

プラセンタは、シミや肝斑の原因となるメラニンの生成を防ぎます。

メラニンは紫外線や有害物質などによって肌に刺激が加わった際、皮膚を守るために生成される物質です。そのため、肌にとってなくてはならない存在ですが、過剰に生成されると、くすみの原因となってしまいます。

美白を目指すには、メラニンを過剰に生成させないことが重要です。メラニンはチロシナーゼという酵素が、チロシンというアミノ酸を活性化させることで生成されます。そして、プラセンタは、このチロシナーゼの働きを抑制します。メラニンの生成そのものを防ぐことで、シミ・くすみを作らない肌環境へと導くのです。

メラニンの黒化に作用

プラセンタは、メラニンの黒化を阻止したり、黒くなったメラニンの色を薄くしたりする効果があるとされています。

プラセンタには、ジペプチドという成分が含まれています。このプラセンタに含まれるジペプチドが、メラニンの黒化を妨げるよう働くと考えられているのです。

また、プラセンタは、肌の奥底で作られたメラニンの浮上を防ぎます。さらに、黒化してしまったメラニンの色を薄くする効果も期待できるのです。

肌のターンオーバー促進

プラセンタは肌のターンオーバーを促し、美白へと導いてくれます。

人間の皮膚は、ターンオーバーを繰り返し、約28日の周期で日々生まれ変わっていきます。その過程で古い角層が自然に剥がれ落ち、新しい角層が作られていくのです。

ところが、加齢やストレス、生活習慣の乱れなどにより、ターンオーバーの機能は低下します。これにより、肌の生まれ変わりのサイクルが遅くなり、メラニンを含んだ古い角層が蓄積し、くすみを生み出してしまうのです。

プラセンタには、ターンオーバーを促進してくれる成長因子が豊富に含まれています。さらに、血行を促進する作用もあるので、新陳代謝が活発になります。そのため、乱れたターンオーバーの周期が整っていくのです。古い角層から新しい角層への生まれ変わりがスムーズになり、溜まったメラニンの排出を助けてくれます。

美白力が高いプラセンタ製品

美白の効果が期待されるプラセンタは、さまざまな化粧品に利用されています。ここでは、プラセンタが配合された化粧品やサプリメントの美白力について説明します。

美容液

プラセンタ美容液は、プラセンタ化粧品の中でも最もスタンダードです。

プラセンタ美容液はスキンケアの最初に塗るので、肌によく浸透し、美白の効果も実感しやすいでしょう。多くのプラセンタ美容液は、ヒアルロン酸やコラーゲンなど、ほかの保湿成分とブレンドされています。なかでも、プラセンタ原液の商品は、混じりけがなくシンプルなのでおすすめです。

アイクリーム

アイクリームは、目元のお手入れ専用のクリームです。アイクリームにもプラセンタが含まれた製品があります。

目元は特に年齢を感じやすい部位で、茶クマや黒クマができると老けた印象を与えてしまいます。また、年齢を重ねると皮膚にハリがなくなって目が落ちくぼんで見えるようになり、目元がくすんでしまいます。

プラセンタ入りのアイクリームは、目元のくすみに特化しています。目元のクマやたるみで顔が暗く見えてしまっている人には、プラセンタのアイクリームがおすすめです。

化粧水

プラセンタは美容液のイメージが強いですが、一部のメーカーからはプラセンタ配合の化粧水も販売されています。美容液ほどの濃厚さはありませんが、ライン使いすれば美容液を単体で使うよりも美白の効果が期待できるでしょう

化粧水なので原液タイプのものはありませんが、他の美容成分と組み合わせることも可能です。プラセンタ化粧水と言っても、保湿タイプと美白タイプにわかれています。美白を目指すなら、それに特化したプラセンタ化粧水を選びましょう。

サプリメント

化粧品だけでなく、プラセンタ配合のサプリメントも美白アイテムとして人気を集めています。サプリメントと化粧品では、以下のような違いがあります。

  • サプリメント:全身に成分が行き届く
  • 化粧品:肌の局所へ成分が集中する

この違いからわかるように、全身をまんべんなく美白したい人には、プラセンタのサプリメントが向いています。また、プラセンタサプリを飲みながら、特に気になる部位には化粧品を塗る、という風に併用するのもおすすめです。

まとめ

プラセンタには美白の効果が期待されており、さまざまな研究がされています。皮膚の水分量を保ち、色素沈着を防ぐことで、美白の効果があるとされています。メラニンの生成を防いだり、ターンオーバーを促進したりといった作用で、美白の実現を助けてくれます。

プラセンタで美白するなら、美容液やアイクリーム、化粧水、サプリメントの利用がおすすめです。美容液は、プラセンタ原液の濃度が高いものを選ぶとよいでしょう。プラセンタサプリは全身に効くので、化粧品と併用しながら美白効果を高める使用法がおすすめです。